MacのOSXでのpdf作成

Macをお使いの方用に、OSXのみでPDFファイルを作成する手順を説明します。

PDF作成前には、PDF化する本の
全ページ(表紙を含む)のJPG画像を用意します。

JPGデータは全て画像サイズを統一する必要があります。
ここではipadでの表示が容易なサイズとして以下の数字を
推奨します。
      (横)768 pixel ×(縦)1024 pixel  

必ずしも推奨数字にあわせる必要はありませんが、
画面サイズは全ページで必ず統一することが望ましいです。

JPGのファイルサイズの合計がそのままPDFのファイルサイズに
反映されるので、画像の画質を確認しながらなるべく小さい容量
のjpeg画像を作成して下さい。

上記の768pixel×1024pixelの画像の場合、
JPGのファイルサイズは
グレースケールかカラーを問わず大体300Kbyte以下に修まると
思います。  

Photoshopをお使いの方がJPGを小さく作成するには
「ファイル」メニューの「Webおよびデバイス用に保存」を
用いると便利です。

全ページのJPG画像をOSXの標準装備アプリケーションの
「プレビュー」で表示して下さい。

サイドバーのアイコンをドラッグすることで、ページの順番を
入れ替えることができますので、本に編集したい順番にページを
並べて下さい。

画像を並べる作業が完了したら、
プレビューの「編集」メニューで「すべてを選択」を
選択して下さい。

プレビューの「ファイル」メニューで
「選択したイメージをプリント」を選択して下さい。

通常お使いのプリント画面が表示されるはずです。

この画面の「用紙サイズ」の選択ウィンドーの
「カスタムサイズの管理」を用いて
「pdf出力」という用紙サイズを作成して下さい。

「pdf出力」の用紙サイズはPDFの容量に影響しません。
寸法の数値は適当でいいですが、縦横比だけはJPG画像と同じ
になるよう設定して下さい。

ここでは横を11.43cm 縦を15.24cmとしています。


「プリントされない領域」はPDF作成には不要ですので
上下左右、全てを0.00cmとして下さい。

用紙設定が完了したら、「PDF▼」の選択メニューを表示し
「PDFとして保存」を選択して下さい。


保存画面が表示されます。

ファイル名、タイトル、作成者名 などを
任意に指定して下さい。

PDFファイルが指定のフォルダーに作成されます。

これで電子書籍は完成です。


完成したPDFをipadに移送してみました。

上記の768pixel×1024pixelのデータの場合、
上下左右ともスキマなく全画面に画像が表示されます。


pdfを右綴じ&見開き表示できるアプリ(「bookman」等)で
表示しますと、見開きの画面もこのように表示できます。

以上で
分かりづらいことがありましたらepubmcafe@gmail.comにお問い合わせ下さい。

Comments