ごあいさつ

アクセスありがとうございます。
当サイトは「まるかふぇ電書」が取り扱う電子書籍の情報サイトです。
電子書籍は各種の電子リーダ、スマートホン、タブレット端末、パソコンで購読できます。

書籍情報についてはこちらをごらん下さい → 取扱い書籍一覧

ーーー<2020年5月17日配信書籍> ーーーーーーーーーーー 

サンプルページを開く
著者
なかせよしみ
 
発行年月日
電書:2020年5月17日
紙書:2020年5月17日
 
内容:26P
価格:100円
容量:8.6MBMB
 
 
「11店の電子配信ストアを縦断紹介します」 

2020年の新型コロナで大人数が集まる会場のイベントが次々と中止に。 しかし、そんな中でも本を売れる、本が買えるのが「電子配信」。 主に創作同人のマンガの電子配信に使えるストアがあります。 作者はこの本を含め100作以上の作品を現在11のストアで電子配信中。 それらのストアを電子書籍ストア擬人化キャラたちとともに紹介解説。 電子書籍自主配信のハウツーを解説する漫画読本。 2020年5月エアコミティアにて「まるちぷるCAFE」より発行の自費出版誌。 紙&電子同時発行作品


ーーー<2020年3月20日配信書籍> ーーーーーーーーーーー 

著者
砂虫 隼
 
発行年月日
電書:2020年3月20日
紙書:2020年2月9日
 
内容:24P
価格:100円
容量:5.3MB
 
 
「にんげーん ぱたぱたのつづきまーだー?(ぷふー)」 

にんげんはねこに振り回され、ねこをあまやかす。 生き物との暮らしはとても楽しく幸せです。 ねこ暮らしを数々詰め込んだテーマ・エッセイ漫画。 2020年2月のCOMITIA131にて「乱痴気事虫所」より発行の自主出版誌を電子書籍化。 第12回いっせい配信企画「創作同人2020年3月」参加作品。

著者
砂虫 隼
 
発行年月日
電書:2020年3月20日
紙書:2019年11月24日
 
内容:25P
価格:100円
容量:6.3MB
 
 
「一緒にどこかへ遊びにいきたいよねー」「おしゃべりしまくりたーい!」 

平日のお昼くらいに鎌倉駅でまち合わせ。 初夏の鎌倉をすずめ(友だち)とぶらぶらさまよう。 同行する友人をスズメとして描く「擬チュン化」キャラとの漫画1日旅行記。 2019年11月のCOMITIA130にて「乱痴気事虫所」より発行の自主出版誌を電子書籍化。 第12回いっせい配信企画「創作同人2020年3月」参加作品。

著者
砂虫 隼
 
発行年月日
電書:2020年3月20日
紙書:2007年5月5日
 
内容:24P
価格:100円
容量:6.1MB
 
 
「この世から消えてしまえなんて思ってた自分が今は怖い」 

侏儒を恐れながらも彼らと関わろうと思う鈴子。 しかし、それは覚悟が必要な決心だった。 鈴子は春華と公平、そして侏儒たちを取り巻く現実を知る。 異形の人々や魔法が入り混じった日常空間で展開する長編ファンタジーの第15話。 1997年から現在も執筆中の漫画シリーズ。 2007年5月のCOMITIA80にて「乱痴気事虫所」より発行の自主出版誌を電子書籍化。 第12回いっせい配信「創作同人2020年3月」参加作品。

著者
なかせよしみ
 
発行年月日
電書:2020年3月20日
紙書:2020年2月9日
 
内容:16P
価格:100円
容量:5.6MB
 
 
「気づくとワルキューレが剣先を向けていた」 

桐森博士の発明品で他者の「敵対心」が見えるようになった。 りるはクラスメイトが自分に向ける敵意の刃が気になるが。 気のいい狂科学者と少女が織り成すSFコメディ漫画短編シリーズの第2巻。 2020年2月9日のCOMITIA131にて「まるちぷるCAFE」より発行の自費出版誌。 第12回いっせい配信企画「創作同人2020年3月」参加作品。

著者
なかせよしみ
 
発行年月日
電書:2020年3月20日
紙書:2019年12月30日
 
内容:32P
価格:100円
容量:7.5MB
 
 
「大人の男女だよ?そういう関係ってエロくない?」 

街中で美晴をみかけた教え子の住吉は美晴と一緒にいた男との関係が気になる。 一方、美晴の「漫画表現」の授業では漫画制作の実践がはじまった。 新人漫画家と高校の教師を兼ねる響美晴が展開するコメディ漫画シリーズ。 「ひびきみはるの漫画講座」第7講(漫画の「価値」と「お金」)も収録。 2019年12月のコミケット97にて「まるちぷるCAFE」より発行の自費出版誌を電子書籍化。 第12回いっせい配信企画「創作同人2020年3月」参加作品。

著者
なかせよしみ
 
発行年月日
電書:2020年3月20日
紙書:2019年11月24日
 
内容:41P
価格:100円
容量:9.6MB
 
 
「中に誰かいるって、多分ねこかなにかじゃ… きゃ!!」 

わずらわしい日常を過ごす少女たちは河原の箱で暮らす浮浪少女と出会う。 本能のまま生きる幼女怪盗(?)が少女たちに見せたものは…。 自由気ままに生きるボニーを描く「怪盗ボニー」シリーズの第2巻。 2019年11月のCOMITIA130にて「まるちぷるCAFE」より発行の自費出版誌。 第12回いっせい配信企画「創作同人2020年3月」参加作品。



「まるかふぇ電書」は電子書籍を  

「創作同人電子書籍いっせい配信」企画

 …にあわせて配信します。 

当企画は電子書籍自主配信する作家さんたちが情報を広め合うオンラインの「イベント」です。


企画立案&主催:サークル「まるちぷるCAFE」なかせよしみ




<ダウンロード・チケットについて>

2012年2月5日開催のComitiaX3 内の電子出版書店」企画
その他まるちぷるCAFE」が参加したイベントにて
「ダウンロード・チケット」を購入された方はこちらをご覧下さい。
      ↓