ごあいさつ

アクセスありがとうございます。
当サイトは「まるかふぇ電書」が取り扱う電子書籍の情報サイトです。
電子書籍は各種の電子リーダ、スマートホン、タブレット端末、パソコンで購読できます。

書籍情報についてはこちらをごらん下さい → 取扱い書籍一覧

ーーー<2018年11月3日発売開始> ーーーーーーーーーーー 

著者
砂虫 隼
 
発行年月日
電書:2018年11月3日
紙書:2018年8月19日
 
内容:48P
価格:150円
容量:14.1MB
 
 
「行ってみないと本当にわからないもので、行ってみるとまた行きたくなる。」 

大阪、南紀白浜、北九州・小倉、江ノ島、北海道。 旅先で出会った食べ物についてつづる旅食漫画。 食がテーマのエッセイ「もぐもぐ」シリーズの電子書籍化第8弾。 2018年8月に「乱痴気事虫所」より発行の自費出版誌。 「創作同人2018年11月」参加作品。


著者
砂虫 隼
 
発行年月日
電書:2018年11月3日
紙書:2015年11月15日
 
内容:24P
価格:100円
容量:7.9MB
 
 
「甘い?いや…ちがう フルーティー…??あれ??もっと…こう…えっと 何だ?」 

思わぬ事故で幕開けとなった2度目の北海道旅行。 そして訪れたニッカのウヰスキー蒸留所。 そこは知らなかった世界の探検への入り口だった。 「もぐもぐ」シリーズの砂虫隼が新たな世界と出会った旅行記漫画。 2015年11月に「乱痴気事虫所」より発行の自費出版誌。 「創作同人2018年11月」参加作品。


著者
砂虫 隼
 
発行年月日
電書:2018年11月3日
紙書:2002年5月5日
 
内容:26P
価格:100円
容量:7.8MB
 
 
「事ム局員をなめるなあぁぁぁぁ…」 

宗一郎と春華が東都を離れたことを知った上級院事務局長の平公平(たいらこうへい)は大慌てで二人を追ってきた。一方、満月村の子どもの颯太は東都から来た二人の術士が気になりその子どもの太一に近づくが。 異形の人々や魔法が入り混じった日常空間で展開する長編ファンタジーの第11話。 1997年から現在も「乱痴気事虫所」より自主出版で執筆中の漫画シリーズを電子化。 「創作同人2018年11月」参加作品。


著者
なかせよしみ
 
発行年月日
電書:2018年11月3日
紙書:2003〜2018年
 
内容:82P
価格:200円
容量:32.1MB
 
 
「あつい!熱いです!」「なんでキノコが喋る?」 

自炊しようと台所に立つといきなり「食材」が会話をもとめて来た。 小学生のりると食物たちとの対話で奇妙な世界観が広がる。 「食」を題材に2003年〜2018年に自主出版で制作のギャグ情報漫画短編集。 「創作同人2018年11月」参加作品。


「まるかふぇ電書」は電子書籍を  

「創作同人電子書籍いっせい配信」企画

 …にあわせて配信します。 

当企画はオリジナル作品を漫画同人誌即売会の等にて発表されている作家さんが電子書籍を自主配信される活動を推奨、応援しています。


企画立案&主催:サークル「まるちぷるCAFE」なかせよしみ




<ダウンロード・チケットについて>

2012年2月5日開催のComitiaX3 内の電子出版書店」企画
その他まるちぷるCAFE」が参加したイベントにて
「ダウンロード・チケット」を購入された方はこちらをご覧下さい。
      ↓