Paboo2Kindle

<<<はじめに>>>
Pabooで既に漫画の電子書籍を配信されている方が、同じデータをKindleにも登録配信したい場合は
「外部サイト連携」機能を使えば簡単ですが、これには2つ問題点があります。(2013年2月現在)

1…「外部サイト連携」機能を使うには月額525円の「プロ版」契約が必要
2…KIndleでの漫画表示が「2ページ見開き不可」「左→右送り」「若干表示が縮小」になる。

このページでは、Pabooで登録したデータを「見開き可能」「右→左送り」「余白なし」の
Kindle用データに改変する手順を解説します。

註:作業手順はMACユーザー用に説明します。


「外部サイト連携」での表示 
外部連携


データ改変による表示
改造登録





<<<大まかな手順>>>
「Pabooからepubデータをダウンロード」
  ↓
「epubデータを分解」
  ↓
「epubデータの改造」
  ↓
「Kindle Previewerで動作確認、mobiデータを作成」
  ↓
「mobiデータをKDP(Kindle Direct Publishing) に登録」








1)「Pabooからepubデータをダウンロード」

1.Pabooにログインしてマイページからダウンロードしたい本の「確認する」ボタンを選択して下さい。



2.本の管理画面から「ファイルのダウンロード」を選択してepubデータをダウンロードして下さい。


3.ダウンロードしたepubファイルを確認して下さい。
ファイル名は「(書名)_(パブー管理番号).epub」になっています。
このファイルをデスクトップに移動させて下さい。






2)「epubデータを分解」
1.デスクトップ上でファイル名を変更します。
 「ファイル名は半角英数字」「拡張子はepub→zip」

2.zipファイルはダブルクリックすると解凍され、同名のフォルダが生成されます。
 このフォルダ内のOEBPSフォルダの中にあるcontent.opfのファイルを確認して下さい。





3)「epubデータの改造
1. content.opfを「テキストエディット」で開いて下さい。


2.
日本電子書籍出版社協会の規定により全ての電子書籍には異なるID番号が必要です。
 pabooでは書籍ごとの公開URLをIDがわりに用いています。
 これを「自分のものであること示す文字列」&「通し番号」などに置き換えて下さい。

 <dc:identifier id="BookID" opf:scheme="URL">http://p.booklog.jp/book/35118</dc:identifier>
       ↓
<dc:identifier id="BookID" >abcdefghijklmnop000000000001</dc:identifier>

註)abcdefghijklmnop000000000001の文字列は何に変えても構いませんが、
  「別の書籍」には必ず「別の文字列」が必要です。

3. metadataに漫画に適した表示に必要な情報を加えて下さい。

  <meta name="cover" content="image-cover-image"/>
    </metadata>
       ↓
  <meta name="cover" content="image-cover-image"/>
<meta name="zero-gutter" content="true"/>
<meta name="zero-margin" content="true"/>
<meta name="book-type" content="comic"/>
<meta name="fixed-layout" content="true"/>
<meta name="primary-writing-mode" content="horizontal-rl"/>
<meta name="original-resolution" content="724x1024"/>
<meta name="RegionMagnification" content="false"/>
<meta name="orientation-lock" content="none"/>
    </metadata>

註)画像寸法の724x1024は個々の書籍の画像サイズにあわせて下さい。

4.spineの始めの2行を改変して下さい

    <spine toc="ncx">
        <itemref idref='cov' linear='no' />
       ↓
  <spine page-progression-direction="rtl">
    <itemref idref="cov" linear="yes" properties="rendition:page-spread-center" />

5.spineの中の各ページの「左右振り分けの情報」を付加して下さい。
        <itemref idref='file001'  />
        <itemref idref='file002'  />
        <itemref idref='file003'  />
        ・
        ・
        <itemref idref='file020'  />

       ↓

        <itemref idref='file001' linear="yes" properties="page-spread-right" />
        <itemref idref='file002'  linear="yes" properties="page-spread-left" />
        <itemref idref='file003' linear="yes" properties="page-spread-right" />
        ・
        ・
        <itemref idref='file020' linear="yes" properties="page-spread-left"   />


6.以上の改変が済みましたらcontent.opfを「上書き保存」して下さい。




4)「Kindle Previewerで動作確認、mobiデータを作成」
1.Kindle上のデータの動作確認ができるKindle Previewerはこちらで入手できます。
 OSX用をダウンロードしてmacのアプリケーションとして装備して下さい。

Kindleプレビューツールv2.7


2.Kindle Previewerを起動させると以下のような画面が表示されます。
この画面に改変したcontent.opfをドラッグ&ドロップして下さい。



3.content.opfに問題がなければ、epubフォルダー内に
Compiled-content.opf」フォルダが作成され、中にmobiファイルが生成されます。
また画面にグレー表示の書影が現れます。




4.Previewer上方の「画面ローテーションボタン」を押せば横長状態のKindle表示が確認できます。
下方のスクロールバーを動かせばページを繰れます。


註:このデータではkindle paper white での表示しか確認できませんが
データ自体はカラー情報を保持しているので、KDPに登録すれば
カラー端末でカラー表示を問題なく楽しむことができます。


5.動作確認して問題なければ上記のmobiファイルをKDPに登録して下さい。


以上です。



<<<追記>>>
上記のデータをmobiではなくepubに戻したい場合の要領もまとめました。
あわせてご覧下さい→ sample2epub